HOME お問い合せ サイトマップ 求人
HOME > 京都踏水会案内 > 沿革
京都踏水会は、ベストバランスを重視し、トータルな意味での健康づくりをめざすスイミングクラブです。
guide_image
入会のご案内
体験のご案内
プロショップ
沿革
100年を越える歴史、伝統は、明日へのプロローグ
京都踏水会は1896年(明治29年)に、大日本武徳会遊泳部としてスタートいたしました。
その110余年の歴史は健康づくりの歴史そのものであり、その中でオリンピックメダリストなど、多くの優秀な選手たちも送り出してきました。栄えある歴史、伝統を確かなバックボーンとして、踏水会はつねに明日を見つめ、皆さまの健康づくりに取り組んでまいります。
history_image
1896年(明治29年) 大日本武徳会遊泳部創設
1897年(明治30年) 小堀流踏水術を採用し城義核師範を招聘する
1900年(明治33年) 琵琶湖遠泳を実施する。以降恒例行事に
1904年(明治37年) 女子部を設置、中止するも1917年に再設置
1914年(大正 3年) 第1回全国水泳大会に参加、入賞者をだす。
1918年(大正 7年) 第1回寒中水泳を行なう。以降恒例行事に
1928年(昭和 3年) アムステルダム五輪に新井・木村両選手出場
1932年(昭和 7年) ロサンゼルス五輪に横山選手ら出場
1936年(昭和11年) ベルリン五輪に竹村・壺井選手ら出場
1947年(昭和22年) 武徳会解散後、京都市水泳講習所として継承
1952年(昭和27年) 社団法人京都踏水会設立、京都踏水会水泳学園と改称
1956年(昭和31年) 第1回日本泳法大会に出場
1968年(昭和43年) 温水プールでき、スイミングスクール発足
1970年(昭和45年) 財団法人京都踏水会に改組
1971年(昭和46年) 水泳体育館並びにエンドレスプール完工
1974年(昭和50年) シンクロ畦崎選手、世界選手権ソロ3位
1984年(昭和59年) 第1回全国女子水球大会で優勝
1984年(昭和59年) 梅田選手、学童新記録樹立
1992年(平成 4年) 卒業生奥野選手バルセロナ五輪銀メダル獲得
1995年(平成 7年) 京都踏水会創設100周年
2000年(平成12年) 三木二郎選手シドニー五輪出場
2001年(平成13年) 三木二郎選手日本新記録樹立
2012年(平成24年) 公益財団法人京都踏水会 発足
2015年(平成27年) リニューアル工事を実施